【ライター募集中!】寄稿しませんか?

BUFFALO TypeC-A対応USBメモリをレビュー!両方のType対応でコンビニ印刷も便利なUSBメモリ

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ ガジェット
管理人
管理人

今回は私が購入した「BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ」の魅力をご紹介します!

このUSBメモリは、「TypeC」と「TypeA」の両方に対応しています。私のMacBook Proは「TypeC」のみ対応です。仕事で時々コンビニで印刷するので、「TypeA」も対応可能なこのUSBメモリは重宝しています。

【商品のポイント】
・「TypeC」と「TypeA」の両方に対応しており1台で2役
・16GB、32GB、64GBの3タイプ展開(私は32GBを購入)
・ポップなデザインが可愛くておしゃれ
・10円玉くらいのコンパクトなサイズ
・BUFFALO製なので品質面で安心

 

スポンサーリンク

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリの全体像を紹介

箱の外装はこんな感じです。
ものすごくコンパクト。
Amazonで買ったのですが、ポスト投函で届きました。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

 

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

私が買ったのは32GBのタイプです。
中に取扱説明書も入ってますが、外装にも説明があります。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

本体はめちゃくちゃ小さいです。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

10円玉と比較すると、その小ささが際立ちます。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

黄色の外装はシリコンカバーになっています。
ひっくり返すとわかるのですが、左右に「type-C」と「Type-A」が双頭の形で付いています。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

使いたい端子側のシリコンカバーを指でめくって、デバイスに繋げることができます。

こちらは「type-C」側です。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

こちらは「Type-A」側です。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

MacBookProにtype-Cを指してみました。
イエローがかわいいですね。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

MacBookPro(13インチ)と比べると、小ささが際立ちます。

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

デザインも良くて使い勝手も良い。
コンパクトで持ち運びやすくてしかも安価。

総じて満足しています。

 

スポンサーリンク

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリをなぜ買ったのか?

私はフリーランスとして仕事をしています。

基本的にペーパーレスなのですが、公的機関への提出書類やプレゼンの提案書など、どうしても印刷が必要な時があります。

私はプリンターを持っていないので、印刷する時はコンビニに行きます。オンラインで印刷データを転送できるネットワークプリントを使うと、印刷代が高いのでUSBを使って印刷することが多いです。

ただ、私のMacBook Pro(2019年版)のインターフェースは「type-C」。一方、コンビニプリンタのインターフェースは「Type-A」。

この違いを埋めるために、「type-C」と「type-A」の両方の端子がついている「BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ 」を購入しました。

 

スポンサーリンク

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリを買って良かったことはある?

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ

コンビニでの印刷が楽になりました。

いままでは、「type-C」と「type-A」の変換ケーブルを介して印刷データをUSBメモリに書き込んでいましたが、本商品を買ったお陰で直接USBに印刷データを送ることができるようになりました。

ほんの小さな手間ですがストレスだったので、改善できて良かったです。

 

スポンサーリンク

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリの良い点

良い点は次の通りです。

・「TypeC」と「TypeA」の両方に対応しており1台で2役
・ポップなデザインが可愛くておしゃれ
・10円玉くらいのコンパクトなサイズ
・BUFFALO製なので品質面で安心

1,000円程度で買えて、「TypeC」と「TypeA」の両方に対応しており1台で2役。さらにデザインも洗練されています。コンパクトなので持ち運びも便利ですし、なにより品質が安定しています。

いい買い物をしました。

 

スポンサーリンク

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリのイマイチな点

イマイチな点は次の通りです。

・シリコンカバーの耐久性が不安
・type-Cの転送速度が遅いというAmazonレビューあり

シリコンカバーが薄く、サイズも小さいのでやや耐久性に不安があります。・・・と購入当初は思っていたのですが、使って2年経ちますが全然劣化していないので問題なさそうです。

type-Cの転送速度が遅いというAmazonレビューがありました。ただ、私の場合、USBに入れるのは数百KB程度のドキュメントファイルだけです。転送速度は気になりませんでした。

 

スポンサーリンク

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリを買う際に比較検討した商品

比較検討したのは、「KOOTION 32GB USBメモリー タイプC USBフラッシュドライブ 2in1 Type-C + USB A(USB3.1 gen1)」です。

金額的にはこちらの方が安かったのですが、キャップをなくしそうだったのでやめました。あと、BUFFALO製の方がデザインも気に入ったので、最終的に選びませんでした。

 

スポンサーリンク

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリはこんな人におすすめ

「BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ」は、次に当てはまる人におすすめです。

・私のようにパソコンのインターフェイスが「TypeC」しかない人
・スマホ(TypeC)とパソコン(TypeA)の間でデータのやりとりをしたい人
・コンパクトでデザイン性に優れた安価なUSBメモリを購入したい人
・容量はそこまで必要ない人

 

スポンサーリンク

BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリと一緒に買うべき商品

「BUFFALO USB3.2(Gen1)TypeC-A対応USBメモリ」には、

・16GB
・32GB
・64GB

の3パターンがあります。

私は真ん中の「32GB」を購入しました。主な用途がコンビニ印刷用のデータ保管場所だったので、そこまで大容量である必要がなかったためです。

もし、デザインデータや動画などの大容量データを管理したい場合は「64GB」を購入しましょう。ほとんど容量がいらない場合は、「16GB」を購入しましょう。

 

スポンサーリンク

この記事を書いた人

フリーランスの道具箱
フリーランスの道具箱
名前 フリーランスの道具箱管理人
仕事 ECコンサル、エンジニア
サイト紹介 「フリーランスの道具箱」では、各業界のフリーランスが買ってよかった商品を紹介しています。
あなたの人生に役立つアイテムが見つかるかもしれません。
管理人もフリーランスです。
EC企業に数年勤めたのち独立しました。
現在はコンサル、データ分析、エンジニアなどの仕事をしています。
Twitter @freelance_items
タイトルとURLをコピーしました